わらびもちブログ

短い書評(140字程度)を書くブログ

『華胥の夢』小野不由美

十二国記シリーズの短編集

「政治」に焦点があり、「民」の話がメインだった『丕緒の鳥』の対となる作品

楽俊や祥瓊等、個人的に好きな人物の成長を感じることもできた

表題作の「華胥の夢」は、十二国記には珍しくミステリー小説風味である

「責難は成事にあらず」という台詞は、心に響くものがあった